人生を輝かせる山登りのススメ(第15回)おもしろ山名を探せ!<難読山名>

スポーツ

2016.09.29

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 地図や登山のガイドブックを見ていると、不思議な山名を見ることがよくあります。今回は面白い山の名前から、普通には絶対に読めない難読山名を、その由来や伝説とともに紹介します。

『日本書紀』にも登場する歴史ある名前、後方羊蹄山

 おなじみ、「日本百名山」の中にもどのように読むのか、悩まされる山がいくつかあります。その筆頭は富士山そっくりの形をしていて蝦夷(えぞ)富士とも呼ばれる後方羊蹄山(北海道、1898m)。普通に読めば「こうほうようていざん」ですが、これは「しりべしやま」と読みます。北海道に多いアイヌ語由来の山名かと思いきや、「後方羊蹄」という名は『日本書紀』にも載っていて(この山のことであるかは不明)、日本語由来だというから驚きです。「後方」は漢字の通り「後ろの方」で「しり」、「羊蹄」は植物のギシギシのことだそう。ギシギシは「シ」ともいわれて、これが後方(しりへ)羊蹄(し)となったといいます。最近は「後方」を略して「羊蹄山(ようていざん)」と呼ばれるようになりました。

わざと読みづらくしたでしょ?皇海山…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。