人生を輝かせる山登りのススメ(第38回)夏に楽しむ冬のニュージーランド・トレッキング

スポーツ

2018.08.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

ニュージーランドのマウント・クックは、日本の7~8月に冬を迎える

 今年は連日の猛暑で、今までにない厳しい夏でした。そんな中、暑い日本を飛び出して行ったのが、季節が真逆のニュージーランドです。日本の8月、南半球のニュージーランドは冬を迎えていて、日本では体験できない貴重な自然を楽しんできました。今回は季節のギャップが楽しいニュージーランドでのトレッキングをレポートしたいと思います。

真冬もトレッキングが楽しめるマウント・クック国立公園

 ニュージーランドで夏のトレッキングといえば、11~2月がハイシーズンに当たります。この時期、山にはマウント・クック・リリーやマウンテン・デイジーが咲き、壮大なサザンアルプスの展望が楽しめることで人気があります。しかし、ニュージーランドの冬(日本ではまさに今の時期)もトレッキングが楽しめることはほとんど知られていません。

 7~8月、南島の南側は雪と厳しい気象のために、ルートバーン・トラックやミルフォード・トラックといったトレッキングルートは閉鎖されています。けれども、島の中ほどにある降雪量が少ないマウント・クック国立公園は冬でもトレッキングを楽しめるのです。

 マウント・クック(標高3724m)は富士山より少し低いですが、氷河に覆われ、岩壁が露出していることから登るのが非常に難しい山です。その山を間近に見られるのが「フッカー・ヴァレー・トラック」というトレッキングコースです。フッカー氷河湖まで、片道約5㎞のコースを3時間ぐらいかけて往復します。

フッカー・ヴァレー・トラックは冬でも雪が少なく、ハイキングが可能。写真ではコース上に雪はないが、通常は薄すらと積雪していることが多い

 3つのつり橋を渡りながらフッカー谷を上部へ向かいます。このときはまったく積雪がありませんでした。また、積雪があっても傾斜が緩やかな道なので、同行してもらったガイドによると、雪山に慣れていない人でもガイド同伴でスノー・トレッキングが楽しめるそうです。

 歩いて行くとだんだんマウント・クックが近づき、左右の山も大迫力で迫ってきます。特にマウント・セフトンという山の岩壁上に乗った懸垂氷河が、吸い込まれそうなほど深いブルーで輝いていました。冬は新雪に覆われているため、夏より山が白くて美しい景色が見られます。

湖に浮かぶ氷河を眺める…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。