人生を輝かせる山登りのススメ(第61回)新しい生活様式を模索する山小屋

スポーツ

2020.06.19

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 緊急事態宣言が国内で全面解除され(2020年5月25日時点)、これから自宅近郊の山を中心に登山者の姿が徐々に戻ることが予想されます。しかし、依然厳しい状況にあるのが、登山にはなくてはならない存在の山小屋です。

 「三密」の状態が避けられない山小屋の多くは、緊急事態宣言が解除された今も営業の休止を余儀なくされています。こうした山小屋の窮状を救おうと、登山愛好家たちによってクラウドファンディングを介した支援活動「山小屋エイド基金」が始まりました。5月28日現在、支援の分配先になっている対象の山小屋は60軒。今後も山小屋の参加が増えることが予想されていて、支援の呼びかけは8月13日まで続きます。

[山小屋エイド基金]
https://motion-gallery.net/projects/yamagoya-aid

 そこで、これからの感染予防対策と現在の山の様子について、北アルプス穂高岳にある涸沢(からさわ)ヒュッテのご主人・山口孝さんにお話を伺いました。今回は山口さんのお話を中心に、これからの山小屋利用について考えたいと思います。

[涸沢ヒュッテ]
https://www.karasawa-hyutte.com/

 話の最後には、クラウドファンディングのプロジェクト「山小屋エイド基金」を紹介しています。どうぞご一読ください。

涸沢ヒュッテの社長、山口孝さん

 

異例の小屋開け

 穂高周辺の山小屋は、冬は営業を休止しています。そして昨年までは、毎年5月の連休前に営業を再開してきました。2020年4月、涸沢ヒュッテをはじめ周辺の山小屋では、緊急事態宣言を受けてゴールデンウイーク中の営業休止を決定。しかし、小屋開けの準備は予定通り進められていました。この時期に雪の中から建物を掘り起こし、換気をしたり、設備の手入れをしたりしないと、小屋が傷んで使えなくなってしまうからです。

 「山小屋のスタッフ間で感染が広まったら大変なので、外でも全員、マスク着用で除雪などの作業をしていました。いつもは山のおいしい空気を吸えるのに、異様な光景でしたね。関東や関西の都市部に自宅があるスタッフは、移動の自粛によって小屋開けの作業に来ることができず、やむなく自宅待機をしてもらいました」と、山口さんは振り返ります。

例年のゴールデンウイークはこのように登山者でにぎわう涸沢

 

登山者ゼロのゴールデンウイーク…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。