アスリートに学ぶビジネス成功への軌跡(第13回)車いすテニス 国枝慎吾、王者陥落後に見せた真価

人材活用

2019.07.25

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 それは錦織圭選手が世界のテニス界で活躍を始める前のことだった。

 ある日本の記者が、インタビューの中でテニス界のトップに君臨していたロジャー・フェデラー選手に「なぜ、日本のテニス界には世界的な選手が出てこないのか」と質問した。

 するとフェデラー選手は「何を言っているんだ君は?日本には国枝慎吾がいるじゃないか」と返したとされる。国枝選手は2000年代前半から、車いすテニスで世界を舞台に目覚ましい活躍を見せていた。

 車いすテニスとは車いすに乗って行う障がい者スポーツの1つ。2バウンドでの返球が認められている以外、ルールはテニスと変わらない。1988年のソウルパラリンピックで公開競技となり、1992年のバルセロナパラリンピックから正式競技として行われている。2000年代、テニスの4大大会(グランドスラム)に車いすテニス部門が相次いで創設され、それぞれ大会の開催期間中に同一会場で公式に試合が行われるようになった。

 フェデラー選手が同じテニスプレーヤーとして車いすテニスの国枝選手を意識し、尊敬の念を抱いていることは別のインタビューで話した内容からもうかがえる。

 2007年、フェデラー選手がウィンブルドン選手権で5連覇を成し遂げた際、年間グランドスラムをいつ実現できると思うかという質問に次のように答えている。

 「ぼくより国枝のほうが近い」と。

 実際に国枝選手はその年に男子車いすテニス史上初の年間グランドスラムを達成してみせた。

 国枝選手のラケットには「オレが最強だ!」と書かれたテープが貼ってあるという。その戦績は、まさに最強プレーヤーとしての記録だといえるだろう。

 国枝選手は、2015年終了時点の車いすテニスで、男子シングルス優勝20回、男子ダブルス優勝19回の偉業を達成。年間グランドスラムは、2007年を皮切りに計5回記録している。パラリンピックでも2004年のアテネ大会以降、男子シングルスとダブルスで3つの金メダル、2つの銅メダルを手中にしてみせた。

王座を去っても変わることのない意欲…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=藤本 信治(オフィス・グレン)

ライター。

「人材活用」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

アスリートに学ぶビジネス成功への軌跡

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。