アスリートに学ぶビジネス成功への軌跡(第49回)堀江謙一 世界最高齢で単独無寄港太平洋横断

人材活用

公開日:2022.07.12

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

I left my heart in San Francisco
high on a hill, it calls to me
「我が心はサンフランシスコに残したまま。小高い丘が私を呼んでいる…」

 歌手のトニー・ベネットの持ち歌として知られる名曲「思い出のサンフランシスコ」のこの歌詞のように、23歳の若き堀江謙一さんの心にもサンフランシスコという美しい街が住み着くことになったのではないだろうか。

 堀江さんが小型ヨット「マーメイド」からサンフランシスコの地を仰ぎ見たのは1962年8月12日。ヨットによる単独無寄港太平洋横断を成功させ、アメリカのサンフランシスコに無事入港した日だ。

 過酷な航海だった。兵庫県西宮を5月12日の夜に出港してから94日間、重度の船酔い、幻覚を見るほどの不安と孤独、そして雨や波の影響で乾ききらない寝袋で寒さに耐えながら短い仮眠をとる日々が続いた。台風が全長5.83mのマーメイドを木の葉のように翻弄し、沈没を覚悟したときもあった。

 無事にアメリカに着いても歓迎されるとは思えなかった。当時は小型船舶による出国は認められていなかった。パスポートを取得するために奔走したが、結局、取得できなかった。アメリカに到着しても不法入国で当局に拘束されて当然だったのだ。

役人や記者と缶ビールで祝杯…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=藤本 信治(オフィス・グレン)

ライター。

【T】

「人材活用」人気記事ランキング

連載バックナンバー

アスリートに学ぶビジネス成功への軌跡

オンラインセミナー動画

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~