弁護士が語る!経営者が知っておきたい法律の話(第48回)割賦販売法改正による加盟店の新しい義務とは?

法・制度対応

2018.06.28

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 近年、クレジットカードを取り扱う加盟店における、カード番号などの漏えい事件や不正使用被害が後を絶ちません。日本クレジット協会が発表した日本クレジット協会が発表した2017年の1年間における不正使用の被害額の1年間における不正使用の被害額は、前年比約67%増加の236.4億円。このうち、クレジットカードの番号が盗用された不正使用の被害額は176.7億円で、全体の約75%を占めています。

 こうした状況を踏まえ、クレジットカードの安全・安心な利用環境を整備するために、2018年6月1日より「割賦販売法の一部を改正する法律」が施行されました。本記事では、改正割賦販売法の概要について説明します。

割賦販売法とは?

 割賦販売法は、クレジット取引など、いわゆる分割払い(割賦販売)となる取引において、事業者が守るべきルールを定める法律です。割賦販売となる取引の公正を図り、商品の流通および役務提供を円滑にすることで、消費者の利益保護を目的としています。

 今回の改正の大きな狙いは加盟店管理の強化です。加盟店に対しては、クレジットカード情報の適切な管理などが義務付けられました。一方、加盟店と契約し、加盟店を管理する加盟店契約会社(アクワイアラー)は、登録制度を設け、加盟店に対する調査などを行うことが義務付けられました。

 改正前の割賦販売法では、クレジットカードを発行する会社(イシュアー)が直接、加盟店と契約を締結し、管理するという「カード会員-加盟店-カード発行会社」の3者間の取引を想定していました。しかし、近年のクレジットカードビジネスでは加盟店契約会社とカード発行会社に分かれる4者間の取引が一般化しています。この変化に伴い、加盟店契約会社を新たに定義し、カード発行会社と同じように経済産業局への登録を義務付けたのです。

 さらに今後、革新的な金融サービス事業を行う、フィンテック企業(金融とITが融合した事業形態)の決済代行業への参入を見据え、環境整備を図るための措置も規定されています。

加盟店のセキュリティ対策を強化…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=井上 愛美

弁護士法人 千瑞穂法律事務所 弁護士
広島大学法学部卒業後、広島大学法科大学院へ進学。2012年1月、弁護士登録。2014年1月から千瑞穂法律事務所で勤務

「法・制度対応」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

弁護士が語る!経営者が知っておきたい法律の話

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。