読書でビジネス力をアップする(第65回)「だます人を作らない技術」を知能犯担当刑事に学ぶ

ビジネス本

2020.10.01

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

元知能犯担当刑事が教えるウソや隠し事を暴く全技術
森透匡 著
日本実業出版社

 ウソや隠し事の暴き方です。相手の本心や真実を見抜く技を元刑事が教えてくれます。刑事が実際に使っているテクニックをビジネスの現場でも活用できるように解説してくれます。著者は、元警部で、詐欺・横領・贈収賄事件などを扱う知能・経済犯担当の刑事を約20年経験してきたということです。今は独立し、そのスキルと知識を生かして講演・企業研修を行っています。

 相手の隠し事を見破って真実を聞き出す技術を、刑事の世界では「落とし方」と呼ぶそうです。本書はそれをビジネスで生かすことを指南しています。残念ながら、ウソや隠し事に対応せざるを得ない機会は少なくありません。職場の部下や同僚、取引先はもちろん、家族に対してさえ、対応せざるを得ないことがあります。

 本書には、その有効な方法が書いてあります。相手に反省させて真実を語らせる方法ですから、ウソに限らず、不満やホンネを引き出したり、指導したりする際にも有効です。

 内容は、極めて実践的です。ウソや隠し事を暴く方法にとどまらず、そのために不可欠な信頼関係の築き方、証拠の収集や活用法に至るまでを解説しています。ビジネスへの活用法では、ケースをいくつも例示して解説します。

 著者いわく「刑事はコミュニケーションの専門家」ということです。確かに本書のテクニックも、段階的な自己開示、返報性の活用、身だしなみに注意など、ビジネスでもおなじみの手法ばかりです。企業の経営者や幹部社員、リーダーやマネジャー、人事担当者はもちろん、学校の先生や子どものいる親世代など、広く人に接する立場の人におすすめします。

ウソを見破るスキルはだます人を作らない技術ともいえる…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

「ビジネス本」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

読書でビジネス力をアップする

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。