読書でビジネス力をアップする(第86回)人間は社会的生き物、「頼り頼られ」が健全

ビジネス本

2022.07.07

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

社会人に最も必要な「頼る」スキルの磨き方
吉田穂波 著/ KADOKAWA

 コミュニケーションの本です。特に、人に頼る大切さを説き、その方法を教えます。それこそが、今の時代を生き抜く上で重要な考え方だからです。

 私たちは「人に頼るのは良くないこと」と思いがちです。でも、そんなことはありません。むしろ、人に頼ることこそ重要で、頼るスキルは社会人にとって最重要な能力であるとさえいえます。本書では、そんな「頼る」スキルを「受援力」と呼びます。これさえあれば、困ったときには他の人に助けを求められるようになれます。さらに、自分と相手の自己肯定感も高められます。

 コロナ禍で人との対話が生まれにくくなっています。それでなくても、これからどんどん人口が減っていきます。だからこそ、人を頼る「受援力」が重要です。この力は、誰もが生まれつき持っていながら、あまり使ってこなかった力だと著者はいいます。本書はその「受援力」の重要性を説き、その発揮の仕方を教えます。

 「頼ることを良しとする」と聞いて、最初は自己啓発書の類いかと思いました。あるいは、人を当てにする、ちょっとずるい処世術を連想していました。内容も主観的、抽象的なものをイメージしていました。

 しかし、読んでみると全く違いました。著者自身の経験を踏まえつつも受援力が高い人の共通要素を抽出し、公衆衛生学、コーチング理論、脳神経科学などの科学的な知見を整理して掲載しています。具体的には「頼ることの大切さ」に始まり、「上手に頼る伝え方や言い換え」「主張する方法」「断る方法」「人間関係資本とチーム」「心理的安全性の高い職場と社会をつくる方法」などを紹介しています。

 読後は無理なく周りの人を頼れるようになるはずです。「仕事が回らない」「リモートワークで孤独」「自己責任論がつらい」という人、「部下がいる」「友人が少ない」という人にお薦めします。

頼るならできるだけ早く…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

「ビジネス本」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

読書でビジネス力をアップする

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。