読書でビジネス力をアップする(第66回)

コロナ後、変わりつつある組織で生きる仕事術

2020.11.05

クリップについて

働く時間は短くして、最高の成果を出し続ける方法
越川慎司 著
日本実業出版社

 時間効率改善の方法です。「働き方改革」が求められています。でも、単に働く時間を短くするだけでは不十分です。時短の結果、利益が下がってしまえば単なるジリ貧です。大事なことは、時間を削減しつつ、利益は上げることです。それこそが本当の「働き方改革」です。分かっていても簡単ではありません。本書には、その方法が書いてあります。

 著者は、元マイクロソフトの業務執行役員として「リモートワーク」を実践、独立してからは「週休3日週30時間労働」を実践している人です。そんな生産性アップのプロが教えてくれます。

 仕事を効率化する方法は、実は確立されています。まずは現状認識です。次いで「やめること」を決めることです。やめるだけですから、簡単ですが、効果は絶大です。

 なお、会社のムダの温床は、主に「会議」「資料作成」「メール処理」にあるそうです。これなど、現役で働いている人であれば、納得できると思います。どうしても削減できない仕事は、効率的に行う工夫をします。本書には、その方法も書いてあります。例えば「メールはチャットに換える」「資料はひと目で伝わるものにする」などです。

効率化した時間を何に使うべきか?… 続きを読む

続きを読むにはログインが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00005067

執筆=藤井 孝一

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

連載記事≪読書でビジネス力をアップする≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる