読書でビジネス力をアップする(第75回)

ダイキンをグローバル企業に育てた人物のリーダー論

2021.08.05

クリップについて

人を知り、心を動かす
井上礼之著、プレジデント社

 リーダーシップの本です。真のリーダーになるために何を考え、何をすべきかが分かります。また、リーダーとして悩んだり、つまずいたりしたときに役立つアドバイスが詰まっています。

 著者は、あのダイキン工業を空調機器の世界最大手に飛躍させた方です。事業を150カ国以上に展開し、約8万人を率いる会社のリーダーが経験を基に語ります。

 もちろん、率いる組織の規模が違い過ぎるかも知れません。そのため、そのまま仕事に生かせない人も多いと思います。それでも、読めば自分流に応用できるところがいろいろとあると思います。著者は、メンバーに関心を持ち、深く知ることを重視しています。これはマネジャーの心得にも通じます。これができなければ、リーダーの役割も果たせないというのが著者の信条ということです。

 形式は、リーダーシップに関する読者の問いを紹介し、著者が答えていくという形で進みます。

 例えば「リーダーはどんな言葉をかけるべきか」「価値観が異なる人材を生かすには」という問いです。

 これらの質問がテーマごとに分類されています。リーダーの心構えに始まり、叱り方・褒め方などコミュニケーション、チーム作り、成果の出し方、最後にリーダーの資質を説いて締めくくります。もちろん、ダイバーシティー、AI(人工知能)など、昨今の時代背景も想定しています。これからの時代にリーダーとして活躍するために必要な心構えや方法が分かるはずです。

 というわけで、規模や業種を問わずあらゆる組織のリーダー必読です。また、間もなくリーダーになる人、いずれリーダーになりたい人など、リーダー予備軍にもオススメです。

リーダー像の変わらない部分にクローズアップ… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00005076

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

関連のある記事

連載記事≪読書でビジネス力をアップする≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる