読書でビジネス力をアップする(第77回)

できる人は自分より“周囲の人”に関心を持っている

2021.10.07

クリップについて

『仕事ができる人は、3分話せばわかる』
浅川智仁 著/三笠書房

 効果的なコミュニケーションの方法が体系的に学べます。一瞬で相手を魅了し、心をつかんで離さないコミュニケーションで、人生を変えることができます。その方法が分かります。話してすぐに「感じがいい人だな」「仕事ができそうだな」「信頼できそうだな」と感じることがあります。相手もそう思っています。

 人は、瞬時に判断されているのです。その人に備わったポテンシャルを。

 それが運命の出会いになることもあります。瞬間が一生を決めることさえあるのです。就職も、社内の評価も同じです。だから瞬間的に相手を魅了できるようになっておくほうがお得です。そのスキルが学べます。

 本書には、わずかな時間で相手の心をつかみ、信頼を勝ち得る具体的なやり方が書かれています。まずは、相手を楽しませる「FOR YOU」が大事だということを説きます。本書はそれを前提に展開されます。

 その上で、具体的な方法が章ごとに解説されています。例えば「場の雰囲気を変えるひとこと」「数字の入った話をする」「相手の真意を知る質問」という具合です。そのまま使える効果抜群の質問、トーク、キーフレーズなどがいろいろと掲載されていて、どれも職場や日常生活ですぐに試してみたくなると思います。

 リモートワークなどで、従来のコミュニケーションがやりにくくなっています。交渉や人間関係の構築も難しくなっています。それでも、他人と壁を作らず、周囲を明るくする基本は変わりません。

 相手を瞬時に魅了し、相手に認められる人になりたいと考える人なら、経営者や幹部社員から、マネジメントクラス、新入社員まで、すべてのビジネスパーソンにオススメします「仕事ができる人は、3分話せばわかる」というと、大げさなようです。でも本当だと思います。

自分語りを減らし、周囲の人に関心を持つ重要性… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00005078

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

関連のある記事

連載記事≪読書でビジネス力をアップする≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる