読書でビジネス力をアップする(第87回)ビジネスに必須の課題解決力を学ぶ

ビジネス本

2022.08.04

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

世界一シンプルな問題解決
中尾隆一郎 著/ フォレスト出版

 課題解決のノウハウです。私たちの日常は、課題解決の機会であふれています。とりわけビジネスは課題解決の連続であり、そのレベルが大きなインパクトを与えます。

 にもかかわらず、私たちは課題解決の方法を学んできていません。結果、多くの人が我流でやっています。そのため遠回りしたり、最適解に近付けなかったりします。一度、正しい方法を知っておくべきです。本書はそんな課題解決の方法を教えてくれます。

 それはタイトルにある通り、極めてシンプルな方法です。わずか4つのステップを意識するだけで、課題解決力が飛躍的に向上します。著者は、経営者向けの塾でアドバイスしている経験から、本書のメソッドを確立したといいます。週13時間、累計約2万5000件の問題・課題に対応した結果、たどり着いたそうですから本物です。

 具体的には「現状把握」「解釈」「介入」「感情を保留」の4ステップを用います。これが意識できれば課題を特定し、解決策を見つけ、現場に実行してもらえるようになるといいます。

 本書では、特に課題特定の大切さと難しさについて説き、その上でプロセスとマトリクスを紹介、課題を深掘りする解釈や課題解決の介入、課題解決をはばむ「感情」を保留する方法などを解説しています。難しそうに聞こえるかもしれませんが、いずれもシンプルです。加えて図版を多用し、ケーススタディーも紹介されるなど、読者の理解を高める工夫がされています。

 仕事柄、課題解決の機会が多い人はもちろん、これまで課題解決の手法を学んでこなかった人や、かつて学んだものの、今ひとつ使いこなせていない人など、経営者から新入社員にまでお薦めします。

 課題解決は大事です。現代は、先の見えない時代です。想定外の課題に直面する頻度も高く、多様化しています。当然、難易度も上がっていますし、スピードも求められています。だからこそ、正しい解決能力を身に付けるべきです。著者は「ビジネスパーソンの課題解決力は、武士の刀ややりの腕前と同じ」とさえ言っています。仕事の力量が解決力で問われるのですから当然です。

我流で済ませず、ノウハウを学ぶことが大切…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=藤井 孝一ビジネス選書WEB

ビジネス書評家、読者数5万人を超える日本最大の書評メールマガジン『ビジネス選書&サマリー』の発行人。年間1000冊以上の書籍に目を通し、300冊以上の書籍を読破する。有名メディアの書評を引き受けるほか、雑誌のビジネス書特集でも、専門家としてコメント。著書は『読書は「アウトプット」が99%』(知的生きかた文庫)のほか、『週末起業』など、累計50冊超、うちいくつかは中国、台湾、韓国でも発刊されている。

「ビジネス本」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

読書でビジネス力をアップする

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。