税理士が語る、経営者が知るべき経理・総務のツボ(第56回)その追加借り入れ待った!リスケジュールで健全化を

資金・経費

2020.12.14

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 新型コロナウイルスの感染拡大が企業経営に悪影響を及ぼしています。中でも「借入金の返済が危ない」「日々の運転資金が底を突きそう」「手形や買掛金の決済日が不安」など、資金繰りに悩む経営者は少なくないでしょう。追加で借り入れをすれば一時的に資金繰りは楽になるかもしれませんが、利息の支払いが増えることで、将来的には資金繰りがより苦しくなる可能性があります。

 本当に資金繰りに苦しんでいる場合、まず借入先である金融機関などに相談し、リスケジュールを打診してみる手があります。今回は、リスケジュールのメリット・デメリットのほか、リスケジュールを行うための大まかなフローを紹介します。

リスケジュールのメリット・デメリット

 リスケジュールとは、資金繰りに困っているときに、借入金の利息額を減額してもらったり、返済を一定期間猶予してもらったりするなど、借入金の返済の諸条件を見直すことをいいます。一般的に「リスケ」と略して呼ばれています。

 リスケは返済条件を変更してもらうだけなので、直接的に財務状態が改善されるわけではありません。しかし、それによって資金繰りが改善される点は大きなメリットです。例えば、毎月10万円の返済をしている企業が、1年間返済を猶予してもらった場合、10万円×12カ月=120万円の支払いがなくなったと考えることができ、そのお金を他の用途に回すことができます。

 また、担保の差し押さえなどが回避できるのもリスケのメリットの1つです。借り入れの返済が延滞すれば、金融機関によっては担保の差し押さえや、競売などの対応を行う可能性があるからです。

 では、リスケのデメリットにはどのようなものがあるでしょう。まず挙げられるのは、リスケ後の返済条件での返済が終わるまでは、追加融資を受けにくくなる点です。また、リスケの条件として、早急な経営改善が求められ、思い切った経営改革が必要になることもあります。場合によっては、役員報酬の削減や従業員のリストラを行うことが、金融機関がリスケを承諾する条件になることもあり得ます。

 リスケをしていることが取引先や他の金融機関に知られると、信用が低下する可能性があります。例えば取引先の場合、代金支払いが遅れることを懸念して、取引停止を通告されてしまうこともあり得ます。さらに従業員に知られた場合でも、倒産を危惧して、必要な人材に退社されてしまうことが考えられます。こうしたメリットとデメリットを十分に理解したうえで、リスケを検討しましょう。

実際にリスケジュールを行う際の流れ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=河野 雅人

公認会計士・税理士
新宿区に事務所を構えている。主に中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援中。

「資金・経費」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

税理士が語る、経営者が知るべき経理・総務のツボ

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。