戦国武将に学ぶ経営のヒント(第17回)家康の参謀を全うした本多正信のバランス感覚

歴史・名言

2016.10.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 NHKの大河ドラマ『真田丸』で近藤正臣さんが演じているのが、徳川家康の名参謀・本多正信(1538〜1616)です。人を食ったように飄々(ひょうひょう)としながらも、時に鋭い知略を授ける独特のキャラクターに魅せられた人も多いのではないでしょうか。

 正信は家康よりも5歳年上で、重臣と主君を超えた、幼なじみの間柄でした。三河(現・愛知県)の武将・松平広忠の子として生まれた家康に鷹匠(たかじょう)として仕え始めました。以来、たもとを分かつ時期もありましたが、家康は正信に絶対的な信頼を置くようになりました。唯一、帯刀したまま家康の寝室に出入りすることを許されていた正信は、家康をいさめることができた貴重な存在でした。家康は「朋友」として正信のことを考えていたといわれるほどです。

 もちろん、家康が正信を信頼していたのは、単に幼なじみだからという理由だけではありません。正信は、武骨一辺倒といわれる三河武士の中では珍しく、知将として評価された人物です。豊臣秀頼が再建した方広寺の鐘にある「国家安康」の銘文が家康の名を切断するものとして、豊臣家を断罪。大坂の陣のきっかけをつくったいわゆる「方広寺鐘銘事件」も、正信の知恵によるものといわれています。

数々の知謀で家康の天下統一に貢献…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「歴史・名言」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

戦国武将に学ぶ経営のヒント

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。