脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第59回)社長のイスを守る「ISMAP」

クラウド・共有

公開日:2022.11.09

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 略語が多くてなかなか理解できないIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は、何それ?と言いたくなるようなISMAP(イスマップ)だ。

「社長、イスマップという制度を知っていますか。うちも参考にしましょう」(総務兼IT担当者)

「何、イス取りゲーム? さてはゲームにかこつけて社長のイスを奪い取ろうというつもりか」(社長)

「誰も社長のイスを奪い取るなんて言っていませんよ。イスマップは、政府がクラウドサービスを導入する際のセキュリティ評価制度のことです。民間でも役立つんです」

「セキュリティとイスに、いったい何の関係があるんだ。まったくややこしいな。そこのイスに座ってワシに分かるように説明しなさい」

クラウドのセキュリティ評価制度

 ISMAP(イスマップ)は、Information system Security Management and Assessment Programの頭文字を取ったもので、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」と呼ばれます。政府は情報システムを調達する際、クラウドサービスの利用を第一候補として検討する「クラウド・バイ・デフォルト」を原則としています。

 ところが、クラウドサービスのセキュリティに関する基準がなかったため、政府はISMAPと呼ぶ評価制度を設け、ISMAPクラウドサービスリストを公開しました。このリストが民間企業にも参考になるのです。

クラウドサービスの選択にはセキュリティが重要

Q ISMAPはどんな制度ですか…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

【MT】

あわせて読みたい記事

「クラウド・共有」人気記事ランキング

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • テレワークで変わる業務 チェック表付 アフターコロナのセキュリティ対策

    テレワークで変わる業務 チェック表付 アフターコロナのセキュリティ対策

    テレワークの普及に伴い企業の新たな課題として浮上したセキュリティに対する脅威。しかし、その対策は広範囲にわたるため、企業としては「何から着手すればよいのか」を判断するのが難しい一面があります。テレワークによって生じる業務の変化やセキュリティのリスク、およびその対策を解説します。

  • クラウドストレージ利用実態調査2022

    クラウドストレージ利用実態調査2022

    近年、ユーザー嗜好の変化を適切につかみ、ビジネスチャンスを生み出すヒントとして注目を集めるがデータの利活用。ビッグデータの活用とまでいかなくても、企業活動の中で取り扱うデータは増加する一方です。日々の業務においては、膨大なデータをいかに効率的に管理・保管するかが1つの焦点となる。その課題解決に向けて注目を集めるのが、クラウド上のデータ格納スペース「クラウドストレージ」(オンラインストレージ)の利用です。その実態について調査を行いました。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説