時短エクセル(第72回)エクセルの「スライサー」で表の絞り込み条件をサクサク切り替える

パソコン スキルアップ

公開日:2023.11.06

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 エクセルの表で、内容を分析するためにさまざまな絞り込みを実行することは多い。フィルターを表示させて絞り込んだり解除したりする方法が最もポピュラーだろう。しかし、別の条件でデータを参照するために、条件を絞り込んでは解除し、また別の条件で絞り込んでは解除……という操作を続けるのは少し面倒だ。そこで、もっと簡単に素早く直感的に絞り込みを切り替えられる「スライサー」という機能を紹介しよう。

フィルターを使った一般的な絞り込み方法

 一般的には、フィルターを表示させ、個別に絞り込んでいく。「and」で絞り込むことは可能だが、別の分類で絞り込むときは解除してから絞り込み直す必要がある。

表の任意の位置にカーソルを置いた状態で「ホーム」タブの「編集」グループにある「並べ替えとフィルター」メニューの中から「フィルター」をクリックする

 

すると、各項目名の右横に▼マークが現れる

 

項目右横の▼をクリックすると条件設定用のメニューが現れるのでここで絞り込みを実行する

 

まず「すべて選択」をクリックして全解除し、絞り込みたい項目にチェックを入れ「OK」を押す

 

これで「ランク」が「C」のみの行に絞り込まれた

 

 この状態で、例えば「性別」が「男」という絞り込みを実行すると「C」かつ「男」のand絞り込みが可能だ。しかし、別の絞り込みをする場合は、2つの絞り込みを1つずつ解除して、またやり直す必要がある。

絞り込みを解除するには、▼をクリックし、「(項目名)からフィルターをクリア」をクリック。複数絞り込みしている場合は1つずつ解除していく

 

 これではさまざまな絞り込みをしてデータ分析するのは非常に手間と時間がかかる。そこで利用するのが「スライサー」という機能だ。

スライサーを使うための手順…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

【T】

「パソコン」人気記事ランキング

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説