時短エクセル(第22回)Excelで「令和1年」を「令和元年」に変更する

パソコン スキルアップ

2019.10.07

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2019年は改元が行われた年。日本人にとっては非常に大きな出来事だ。Excelでは、Windowsのアップデートにより、「令和」表示も可能になった。しかし、表示できるのは「令和1年」だ。間違いではないが、やはり「令和元年」と表記したい。「条件付き書式」機能を使えば、「令和元年」の表記が可能になる。

※当記事では練習用のサンプルファイルがダウンロードできます(ページ下部)

まずは西暦表記を和暦表記に変更する

 まず、西暦表記になっている日付を和暦表記に変更しよう。これは、表示形式を変更すればよい。

変更したいセルを選択、「数値」グループの右下の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックする

 

「表示形式」タブの「日付」が表示されている状態で「カレンダーの種類」の「和暦」を選択する。「種類」で「平成24年3月14日」を選び、「OK」をクリックする

 

これで「平成」や「令和」など、和暦に変更できた

「令和1年」を「令和元年」に変更…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

「パソコン」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。