時短エクセル(第66回)見やすく・分かりやすいレーダーチャートの作成術

パソコン スキルアップ

公開日:2023.05.08

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 Excelで作成できるグラフには棒グラフや折れ線グラフ、円グラフなど様々なものがある。そのなかでも今回は、レーダーチャートの作成について紹介する。レーダーチャートとは、放射状に数字軸を配し、値を線で結んだ多角形のグラフ。各項目の大小や構成比の特徴を把握するのに使用される。

レーダーチャートを利用するのに適した内容とは

 レーダーチャートは数値のバランスや項目間の比較をするのに適している。ビジネスシーンにおいては財務分析、製品やサービスの評価、人事考課などで多用される。例えば人事考課でレーダーチャートを用いるなら、「コミュニケーション力」「企画力」「問題解決能力」「リーダーシップ力」「積極性」「規律性」といった項目が挙げられる。飲食業が店舗の評価をするのであれば「価格」「味」「店の雰囲気」「接客」「立地」などが対象になるだろう。

レーダーチャートを作成する

 では、支店ごとの各指標の評価が一目で分かるレーダーチャートを作成してみよう。まずは梅田支店のレーダーチャートを作成する。

まずは支店ごとの評価の一覧表を作る。次に項目と梅田支店の行を範囲指定し、「挿入」タブの「グラフ」グループの右下にある「ダイアログボックス起動ツール」をクリックする

 

「すべてのグラフ」タブで「レーダー」を選んで「OK」をクリックする

 

レーダーチャートが作成できた

 

 梅田支店は立地と味は抜きん出て評価が高いが、価格、接客、店の雰囲気に関する評価は低いことが一目で分かる。

平均も同時表示、デザインを整えてより分かりやすく…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

【T】

「パソコン」人気記事ランキング

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~