時短エクセル(第45回)

Excelのデータを素早く入れ替える

2021.08.02

クリップについて

 一覧表を作ったものの、「今の順序を変更して、この行を上に持っていきたい」という場合がある。一般的には空白の行を作っておき、そこに移動して空いた行を削除する、という方法を取るのではないだろうか。しかし、これでは何度も入れ替えをする場合にとても手間がかかってしまう。そこで、行の入れ替えをサクッとできる方法を紹介しよう。

※当記事では練習用のサンプルファイルがダウンロードできます(ページ下部)

セルを入れ替える

 ではまず、1つのセルを入れ替えてみよう。ここでは仮に、品川支店と世田谷支店を入れ替えてみる。

「世田谷支店」セルの外側をドラッグ

 

ドラッグしたまま「Shift」キーを押すと、「H」のような形のガイドが表示される

 

「Shift」キーを押したままマウスを放すと世田谷支店が上に移動できた

 

 これがデータの入れ替えだ。緑のガイドがHのような形になるので、視覚的にも分かりやすい。

行を入れ替える

 同じ手順で行の入れ替えもできる。先ほどは「Shift」キーを使ったが、マウスの右ボタンでも実行できる。

「世田谷支店」の行を選択する

 

マウスの右ボタンを押しながら品川支店の行へドラッグする

 

ボタンを放した際にメニューが表示されるので、「下へシフトして移動」を選ぶ

 

品川支店の上に世田谷支店を移動できた

 

 Shiftキーを使ってもマウスの右クリックを使っても同じことができる。好みに合わせて使えばよいが、Shiftキーを使うほうが視覚的に分かりやすいかもしれない。また、ここでは1つのセルや行の場合を紹介したが、複数行でも入れ替えは可能だ。その行に余分なデータなどがなければ、行番号をクリックして行ごと範囲指定しても移動できる。

列を入れ替える… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00125045

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪時短エクセル≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる