時短エクセル(第21回)2ページ目に見出し…などExcel印刷ワザ3連発

パソコン スキルアップ

2019.09.02

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 Excelで表やグラフを作成し、打ち合わせ用に資料を印刷して配布するケースは多い。印刷のときに「少しだけ2ページ目にはみ出してしまう」「2ページ目以降に見出しが印刷されなくて不便」などを解消する方法を紹介しよう。

※当記事では練習用のサンプルファイルがダウンロードできます(ページ下部)

印刷すると少しだけ2ページ目にはみ出てしまう

 これはよくあるパターンのため、知っている人も多いかもしれないが一応おさらい。少しだけはみ出てしまう場合は、1ページに収めたいところだ。余白の調整やセル幅を少し縮めるなどの方法もあるが、一番手っ取り早いのは、印刷時に「拡大縮小」で設定する方法。「シートを1ページに印刷」を使えば、自動的にちょうど収まる大きさに縮小してくれる。

1店舗分だけ2ページ目にはみ出してしまう

 

印刷画面で「拡大縮小なし」をクリックし、「シートを1ページに印刷」を選択する

 

すると、ちょうど1ページに収まるように自動的に縮小してくれる。「印刷」アイコンを押せば1ページに収めて印刷できる

 なお、「ページ設定」をクリックすれば、どの程度縮小されているのかが確認できる。あまりに縮小率が大きいと数字が読みづらくなるので、筆者はこの画面でどの程度縮小されているかを確認する習慣が付いている。もちろんこの画面を開いて、拡大縮小の倍率を自分で設定することも可能だ。

「ページ設定」の画面を開けば、縮小率が分かる。さまざまな設定も可能だ

縦に長い表の幅が少しだけはみ出し、倍のページ数になってしまう…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

「パソコン」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。