時短エクセル(第75回)見やすく・分かりやすい組み合わせグラフの作り方

パソコン スキルアップ

公開日:2024.02.05

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 エクセルでは、伝えたい内容に合わせてさまざまなグラフが作成できる。例えば数値の大きさを比較するなら棒グラフ、推移を見たいなら折れ線グラフ、割合を示したいなら円グラフなどが挙げられる。グラフを活用することで、表だけでは伝わりにくかった内容や傾向を視覚的に分かりやすく伝えられる。

 今回は、より伝わりやすい組み合わせグラフの作り方とそのコツを紹介する。組み合わせグラフとは、棒と折れ線など複数種類のグラフを組み合わせたもので、「複合グラフ」とも呼ぶ。

組み合わせグラフを簡単に作成する

 ここでは、毎月の平均気温とドリンク売り上げの関係を示すグラフを作成する。売れた数は数値の大きさを比較するものなので棒グラフ、平均気温は推移なので折れ線グラフで表す。気温との関係を把握したいので、アイスとホットに分けて組み合わせグラフを作成する。

セルのA2~M3をドラッグで範囲指定した後、「Ctrl」キーを押しながら平均気温の行をドラッグで指定し、「挿入」タブの「複合グラフの挿入」をクリックする

 

組み合わせの種類で「集合縦棒-第2軸の折れ線」を選ぶ

 

組み合わせグラフが作成される

 

設定パネルを開いて組み合わせグラフを作成する

 前述した方法は、2つの情報をうまく認識してくれないこともある。そんなときは「グラフの挿入」画面を開き、すべてのグラフから作成したいグラフの種類を選んで作成する。これはすべてのグラフに共通する作成方法なので、ぜひ覚えておこう。

セルA2~M3を範囲指定した後、「Ctrl」キーを押しながら平均気温の行をドラッグで指定し「おすすめグラフ」ボタンを押す

 

表示されたグラフに作成したいものがない場合は、「すべてのグラフ」タブをクリックする

 

「組み合わせ」を選択し、グラフの種類は「アイス」が「集合縦棒」、「平均気温」が「折れ線」になっていることを確認。さらに「第2軸」は「平均気温」の方にチェックを入れて「OK」を押す

 

組み合わせグラフが作成される

 

 どの数値をどんなグラフにするかは、プレビューで確認しながら作成できる。なお、「第2軸」にチェックを入れた項目の縦軸はグラフの右側に表示される。

 ホットドリンクと気温の関係についてもグラフを作成し、比較してみよう。

表の1行目(セルA2~M2)をドラッグで指定した後、「Ctrl」キーを押しながら「ホット」「平均気温」の2行(セルA4~M5)をドラッグして指定し、「挿入」タブの「複合グラフの挿入」をクリック。組み合わせの種類で「集合縦棒-第2軸の折れ線」を選ぶ

 

アイスとホットのグラフを横に並べた

 

 「アイスと平均気温」のグラフと「ホットと平均気温」のグラフを比較すると、アイスは平均気温とおおむね比例しており、ホットは反比例していること分かる。気温が上がるとアイスドリンクが売れ、ホットはその逆だということが一目瞭然だ。

 なお、アイスとホットの両方を同じグラフにすることも可能だが、2つのグラフを見比べた方が傾向の把握はしやすい。

表を全て(セルA2~M5)をドラックして指定し、両方のドリンクを同じ表で示してみた

 

グラフがさらに見やすくなる設定とは?…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

【T】

「パソコン」人気記事ランキング

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント