脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第41回)

大風呂敷広げた「プロキシ」

2021.05.19

クリップについて

 何度、説明されてもなかなか理解できないIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は、聞き慣れないけれど、きっと会社でも使っている「プロキシ」だ。

「君、新しいパソコンがインターネットにつながらないぞ」(社長)

「すみません。まだプロキシの設定をしていませんでした」(総務兼IT担当者)

「何?フロシキ?パソコンを風呂敷に包んでどうするんだ」

「風呂敷ではありません。プロキシは社内ネットワークからインターネットへ接続する際のセキュリティ対策です」

「よく分からんが、パソコンがインターネットに安全につながるならすぐやってくれ」

パソコンの代理でインターネットへ安全に接続

 プロキシは英語で「代理」を意味します。社内のパソコンからインターネットへ接続する際、いったん社内ネットワークとインターネットの間に置かれたプロキシ装置(サーバー)に接続します。プロキシサーバーがパソコンの代理でインターネットへ安全に接続する仕組みです。

プロキシサーバーを中継してインターネットに接続すればセキュリティ対策になる

Q プロキシのメリットを教えてください… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00114041

執筆=山崎 俊明

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる