脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」(第60回)お先真っ暗にならないための「暗号化」

脅威・サイバー攻撃

公開日:2022.12.19

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 何となく知っているようで、内容はなかなか理解できないIT用語。そんなIT初心者の社長にも、分かりやすく理解できるようにITキーワードを解説する本連載。今回は、きっと聞いたことがある「暗号化」だ。

「社長、社外でもパソコンを使う機会が増えてきたので、データの暗号化でセキュリティ対策を強化しましょう」(総務兼IT担当者)

「何、暗号化? さては、ワシに隠しておきたいことを何かたくらんでいるんじゃないのか」(社長)

「社長にばれるような悪だくみなんて、誰もしませんよ。パソコンから情報漏えいしてインターネットにでも公開されたら大変なので、データを暗号化するんです」

「確かに取引先の情報が漏れたら大変だ。業務がお先、真っ暗になりかねんな。社員に対策の号令をかけなさい」

機密データの公開や改ざんを防止

 データ(ファイル)を暗号化しておけば、万一データを盗まれた時にもデータ内容がそのまま外部に漏れることを防げます。データそのものの暗号化のほか、メールやWebアクセス、Wi-Fiといった通信経路の暗号化で盗聴や改ざんを防ぐ方法もあります。暗号化はセキュリティ対策として重要な役割を果たしています。

Q データ暗号化の仕組みを教えてください…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

【MT】

あわせて読みたい記事

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

連載バックナンバー

脱IT初心者「社長の疑問・用語解説」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • 企業の情報セキュリティリスク認知調査2023

    企業の情報セキュリティリスク認知調査2023

    テクノロジーの進化によって、生産性の向上や多様な働き方の実現などの恩恵がもたらされる一方、サイバー攻撃も多様化・複雑化の一途をたどっています。こうした中、攻撃手法などの情報セキュリティリスクをどれくらい認知しているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 情報セキュリティ対策意識調査2022

    情報セキュリティ対策意識調査2022

    DX推進が企業にとって成長のドライバーとなる中、サイバー攻撃も多様化・複雑化の一途をたどっています。AIやRPAなど各種のICTテクノロジーや、社内外のコミュニケーションを円滑化するクラウドストレージ活用が進む現在、企業における情報セキュリティ対策はどうなっているのだろうか。対策度合いや、脅威に感じるもの、対策をするうえでの課題などの最新動向について調査を行いました。

  • その対策は効果ナシ!セキュリティの常識を検証する

    その対策は効果ナシ!セキュリティの常識を検証する

    サイバー攻撃の被害が深刻化し、従来のセキュリティの常識が 崩れ始めています。本当に必要な対策とは何か?情報セキュリティ大学院大学の大久保隆夫教授にお聞きしました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

  • 新着記事

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~