時短エクセル(第31回)

Excelのシート、複数シートまとめて操作で時短

2020.07.06

クリップについて

 Excelは、シート管理ができる。売上表を月ごとに別シートにする、支店別にシートを分けるなど、シート機能を利用して1ファイルで管理できる点は非常に便利だ。1つのファイルにたくさんのシートを作っている場合、目的のシートにさっとアクセスできたり、複数のシートに対して同じ操作をワンアクションでできたりすると、かなりの時短になる。

 今回は、シートを素早く複数選択してコピーしたり、すべてのシートに同じ編集内容を一気に反映させたりする時短技を紹介しよう。

シートを複数選択して別のファイルにコピーする

 例えば月別の売り上げ一覧の場合、「上半期だけを抽出したい」といった場合も、簡単に操作できる。

 抽出したい範囲の最初のシートをクリックして選択した後、「Shift」キーを押したまま最後のシートをクリックする。これは、エクスプローラーでファイルを複数指定するのと同じ操作だ。その後、右クリックして「移動またはコピー」を選ぶ。そして「移動先ブック名」で「新しいブック」を選び、「コピーを作成する」にチェックを入れて「OK」をクリックすると元データはそのままに、選んだシートだけを新しいファイルに抽出できる。「コピーを作成する」にチェックを入れないと、「移動」になってしまうので注意が必要だ。もし間違って移動してしまった場合は、新しく抽出したファイルから逆に、元のファイルに「コピーを作成する」でコピーすれば戻せる。

抽出したい範囲の最初のシートをクリックして選択した後、「Shift」キーを押したまま最後のシートをクリック

 

選択したシートの任意の位置で右クリックし、メニューから「移動またはコピー」を選択する

 

「移動先ブック名」で「新しいブック」を選び、「コピーを作成する」にチェックを入れて「OK」をクリック

 

新しいファイルに上半期分がコピーされた

 

 シートの複数選択状態を解除するには、右クリックメニューを表示し、「シートのグループ解除」を選択する。選択していないシートをクリックしても解除が可能だ。

複数シートに同じデータを一気に編集する… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00125031

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪時短エクセル≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる