時短エクセル(第9回)セルの文字列を自在に分割するワザ

パソコン スキルアップ

2018.09.03

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 前回は別々のセルに入力されている文字列を結合する技を紹介した。今回はその逆で、1つのセルに入っている文字列を分割する技を紹介しよう。もちろんこれも、1つひとつ手動で入力し直していたら日が暮れてしまう。一定の法則に従えば、何万行あっても瞬時に分割できる。

※当記事では練習用のサンプルファイルがダウンロードできます(ページ下部)

姓と名の間にスペースが入った名前を分割する

 まずは、姓と名の間にスペースが入った名前のセルを、姓と名に分割する方法だ。Excelには、「カンマやタブ、スペースなどの区切り文字を利用してセルを分割する」という機能がある。これを利用するわけだ。

名前の列の後ろに姓、名の欄を用意する

 名前の範囲をドラッグで選択し、「データ」タブの「区切り位置」メニューをクリックする。ウィザードが開くので、1枚目はそのまま「次へ」をクリック。2枚目の「区切り文字」で「スペース」をチェックし、データのプレビューで区切り位置に間違いがないか確認する。そして、「次へ」をクリックして3枚目のウィザードを開く。表示先欄の右端の「↑」をクリックし、Excel画面のC3セルをクリック、さらに「↓」をクリックしてウィザード画面に戻って「完了」を押せばよい。

範囲選択し、「データ」タブの「区切り位置」メニューをクリック

 

「カンマやタブなどの区切り文字によって…」が選ばれていることを確認して「次へ」をクリック

 

「区切り文字」で「スペース」を選んでデータのプレビューを確認し、「次へ」をクリック

 

 

「表示先」の右端の「↑」をクリックし、C3セルをクリックしてウィザード画面に戻って「完了」をクリック

 

姓と名が、用意した2列のセルに分割されて入力される

 姓や名の文字数が違っていても、スペースの位置によって正確に分割してくれる。「名前」欄が不要な場合は、列ごと削除してしまおう。

フラッシュフィル機能を利用して分割する…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

  • 人に語れるようになる“ITのツボ”(第5回)

    業務に必須のOfficeソフト、使い方の課題

    脅威・サイバー攻撃 パソコン

    2017.04.12

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第15回)

    Vistaに続きOffice 2007もサポート終了に。使い続けるか

    脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー パソコン

    2017.05.19

  • デキる上司になるための「仕事の流儀」(第4回)

    毎日の少しの工夫が、仕事のスピードを“速める”

    スキルアップ

    2017.01.27

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第3回)

    残りわずか。どうするWindows10無償アップグレード

    IT・テクノロジー

    2016.07.20

「パソコン」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

時短エクセル

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。