IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第20回)宅配クライシスを乗り切るITまとめ

脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー

2017.09.29

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 インターネットとIT機器の普及で、ネット通販やフリマ、オークションが盛んとなり、宅配便の取扱個数は急速に伸びている。一方、宅配便の約2割が受取人不在による再配達といわれる。この再配達による運送会社の労働環境悪化や人手不足、それに伴う環境問題の深刻化が社会問題となっている。

 宅配便の大手であるヤマト運輸は10月、佐川急便は11月に基本運賃を引き上げる。ただし、これで再配達問題が解決するわけではない。

 再配達による「宅配クライシス」に関して、国が再配達防止の呼びかけやキャンペーンを行う動きも盛んとなっている。運送会社は、メールやLINEを使ったり、スマホから気軽に利用できる宅配ロッカーサービスと連携したりなど対策を行っている。そのほか、一般人が空き時間を使って荷物を運ぶクラウドソーシング、ドローンを使った無人配達など、ITを利用した方策が徐々に実現しつつある。

 ここ十年来で、買い物スタイルは確実に変化した。誰しもがネット通販やネットオークションなどの活用を実感しているのではないだろうか。筆者宅にも3日に一度、もしくはそれ以上の頻度で、宅配便の荷物が届く。宅配便の取扱個数は、ネットが普及しつつあった1998年あたりの約2倍に急増している。

宅配便取扱個数の推移(国土交通省「平成28年度 宅配便等取扱個数の調査及び集計方法」を基に作成)

宅配便の急増と深刻な再配達問題…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、日経トレンディネットなど。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、2008年より10年にわたって長期連載した人気コラム(現在でもバックナンバーあり)。日経パソコン、日経PC21、日本経済新聞などに多く執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、日経パソコンに「ちょっと気になるITアラカルト」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • 技術TODAY(第9回)

    人手不足の解決に朗報、自動運転車やドローンで宅配

    IT・テクノロジー

    2017.07.31

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第17回)

    介護に朗報!ワンプッシュで商品注文

    IoT・インフラ

    2017.07.13

  • 中小企業のトレンド(第25回)

    チャットボットの普及により接客が変わる

    自動化・AI 時事潮流

    2017.07.20

  • 注目を集める地方発のベンチャー(第2回)

    眼鏡はネットで買ったほうがいい理由とは?

    地域活性化

    2016.05.10

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。