IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第14回)AI搭載ロボットで売り上げアップ

自動化・AI IT・テクノロジー デジタル化

2017.04.21

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 最近、イベントや商店、銀行などで人型ロボット・Pepperを見かけるようになった。子どもや若者に人気なので集客の役割はもちろん、客への挨拶、キャンペーンや商品の案内、待ち時間対応(コミュニケーションやゲーム)など、結構1人前の社員的な働きも担う。

「pepperくんが入行した」という四国銀行の告知ページ。彼の勤務店舗や業務内容も案内される

 問い合わせや購入相談などは、Webページからチャットで行うシステムが増えた。このチャット、ある段階までは、AI(人工知能)の自動回答を採用している場合がある。そもそも問い合わせ内容は70~90%が定型質問だという。ある程度はAIでさばけてしまうのだ。

 こうしたAIやAI搭載のロボット導入のメリットは、コスト削減だといわれることが多い。業務用Pepper(Pepper for Biz)の場合、業種別アプリの導入で専門職としてもすぐに働けて、なんと月給5万5000円。1人雇うのに比べ、断然低コストで済む上、機能も話題性も十分だ。導入により売り上げや集客、業務効率が向上した、などの話もよく聞く。

 PepperをはじめとするAI搭載のロボットやAIの回答システムのほかにも、安いコストで提供されるAIによる解析・分析サービスなども人気だ。そういえば、上場企業が発表する決算データを基に、AIが記事を作成する日本経済新聞のAI記者の取り組み「決算サマリー」も昨年、話題を呼んだ。

 AIがこのところ大きく活用され始めたのには理由がある。過去のAIは、膨大な知識やルールを人間がすべて教え込む必要があり、実運用にはなかなか至らなかった。ところが最近のAIは、自分でルールやセオリーを見つけ出して学ぶ。「ディープラーニング(深層学習)」で、人間が教え込まなくても答えを導き出せるようになったからだ。

AIを活用したサービスが相次ぐ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

「自動化・AI」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。