IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第59回)NTTとトヨタが資本提携。実証都市つくる

IoT・インフラ

2020.04.21

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 トヨタ自動車とNTTは2020年3月24日、両社間でそれぞれ約2000億円を出資し合い、業務提携を決めたと発表した。両者の持つ技術やノウハウを持ち寄り、IoTAIを活用したスマートシティーの基盤「スマートシティプラットフォーム」を開発し、国内外への展開をめざす。トヨタとNTTは、17年3月からコネクテッドカー向けの研究開発や実証実験を共同で行ってきた関係だ。

 スマートシティーとは、国土交通省によれば「都市の抱える諸課題に対して、ICTなどの新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」だ。官民連携で取り組みが進む。

 暮らしの基幹の1つが交通だ。スマートシティーの交通は、MaaS(ICTを活用して交通をクラウド化、マイカー以外の交通手段をシームレスにつなぐ新たな移動の概念)とコネクテッドカー(つながる車。ICT端末としての機能を備え、車両の状態や周囲の状況などのデータを取得。ネットワークを介して集積・分析し、新たな価値を生み出す)の2つが大きな要素となる。

 トヨタは、社会システムと結びついたクルマづくりをめざす。有事の際は電源としても機能する。クルマの変化は社会の変化そのものだ。クルマは今後、大きなスマートフォンのようになる。スマートフォンと情報ネットワークの先駆者として、NTTとの連携を考えた形だ。

 一方NTTは、日本と世界を発展させ、同時に住みやすい街を実現するスマートシティーを広げるべきと考え、自動運転などに取り組むトヨタと連携した。

実証都市「コネクティッド・シティ」プロジェクト

 トヨタは今年初頭、ラスベガスで行われた商品と技術の見本市「CES 2020」で、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。2020年末に閉鎖予定の東富士工場(静岡県裾野市)の跡地、約70万㎡を利用。2021年から着工する。

 このプロジェクトは、人々が生活を送るリアルな環境の下、自動運転、MaaS、パーソナルモビリティー、ロボット、スマートホーム、AIなどを導入・検証できる実証都市をつくる。街は、網の目のように道が織り込まれる姿から「Woven City」(ウーブン・シティー)と命名された。初期は、トヨタの従業員やプロジェクト関係者2000人程度が住民となる。

 Woven Cityでは、スピードが速い自動運転車両専用の道、歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティーが共存する道、公園内にある歩道のような歩行者専用道の3つの「道」を張り巡らす。街のインフラはすべて地下に設置し、室内用ロボットやAI、スマートホームなどの先進技術で生活の質を向上させる。自動運転車は、輸送だけでなく移動店舗など街のさまざまな場所で活躍するイメージ(動画)だ。

Woven Cityのイメージ

クルマ、通信を基盤とした未来の街づくりが早期に実現する…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

「IoT・インフラ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。