IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第114回)経営世代とZ世代に意識ギャップ?カギは理解と共感

IT・テクノロジー デジタル化

公開日:2022.12.26

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 「Z世代」という言葉を聞いたことがあるだろうか。詳しい定義は後から述べるが、「1990年半ば~2010年代生まれの世代」を指すとされる。この世代は、「デジタルネイティブ」「SNSネイティブ」とも呼ばれ、生まれた頃からインターネットやデジタルデバイスが身近にあり、コミュニケーションはSNS中心で、情報の主な仕入れ元はネットという傾向が強い。また、テレビ視聴よりもネット利用時間が長いといった特徴もある(総務省「令和3年度メディアの利用時間」)。

デジタルネイティブな「Z世代」。経営層との意識ギャップも

 Z世代との付き合い方に悩む経営世代が増えているという。特にIT関連では経営世代は学生時代以降にデジタル黎明(れいめい)期を迎え、ワープロやパソコン、ガラケー、スマホと、常に未知のものとして触れ、「デジタルアレルギー」を抱える経営世代もいる。この点、デジタルを大人になって取り入れ学んできた世代と、幼少期から親しんできた世代の間にギャップがある、という悩みを持ち、Z世代に対し「何を考えているかわからない」「どう接していいかわからない」という経営世代の声をよく聞くのもうなずける。

 例えば、終身雇用が社会的に一般的であった時代を過ごしてきた経営世代からすると、難関を乗り越えて就職したのに、自身の自己実現に向けて気後れせずさらっと離職するケースも見受けられるZ世代を「理解しがたい」と思うのも無理はない。経営世代が従来のスタイルで接しようとしても、適切な伝え方に至らず、うまく本音を伝えられない、ということもあるだろう。

「Z世代」の定義とその特徴…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

【T】

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2023年12月8日(金) ①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは