IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第66回)

コロナ禍での「オンライン面接」

2020.09.14

クリップについて

 まだまだ続きそうなコロナ禍で、転職希望の人や転職を余儀なくされる人が増えている。新卒予定者の就職も厳しいものになりそうだ。コロナによる景気低迷で、職を探すのも企業が優秀な人材を探すのも困難を極めている。

 「3密」や「ソーシャルディスタンス」が叫ばれる昨今、外出や対面はなるべく避けたい。そんな中で普及しつつあるのがオンライン面接(Web面接)だ。ビデオ通話アプリや会議アプリを使って、面接をオンラインで行うものだ。テレワークが常態化し、会議も打ち合わせもオンラインで行われる中、面接もオンライン化するのは当然の流れかもしれない。

 「2020年8月実施 Web面接に関する21卒学生アンケート」によれば、現在の就職活動について「ほとんどWebで行っている」「Webの方が多い」という回答が62.4%に上った。やはりこのご時世での面接は、対面を避けオンラインで行う企業の増加が数字にも表れている。総務省の今年度の採用情報の1つにも、面接(文中では「官庁訪問」)をオンラインで行う旨が書かれている。公的機関でもオンライン面接を行っている。

 オンライン面接を実施する企業への印象はおおむね良好だ。安全面を考慮している、安心して勤務できそう、志望者や社員を大切にしていそう、などという声が多い。「面接に来てください」と言われるよりも「まずはオンラインで」と言われたほうが好感度は高そうだ。今は、オンライン面接の有無が、志望度を左右しかねない状況ともいえる。

オンライン面接を望む人が増加。ただし「最終面接のみ対面」を希望… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00071066

執筆=青木 恵美

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、日経トレンディネットなど。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、2008年より10年にわたって長期連載した人気コラム(現在でもバックナンバーあり)。日経パソコン、日経PC21、日本経済新聞などに多く執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、日経パソコンに「ちょっと気になるITアラカルト」を好評連載中。

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪IT時事ネタキーワード「これが気になる!」≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる