IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第100回)「メタバース」って何だろう。仮想世界で売買も

IT・テクノロジー デジタル化

公開日:2022.07.25

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 最近よく聞く「メタバース」(Metaverse)という言葉。「Meta(超)」と「Universe(宇宙)」を組み合わせた造語だ。SF作家であるニール・スティーヴンスンの「スノウ・クラッシュ」(1992年発表)に登場し、その後、仮想空間サービスが実現した際に英語圏で主に用いられるようになった。

メタバースとは?「Meta」と「Universe」、現在と違う次元の世界

 一般的には「仮想空間サービス=メタバース」とみてよいだろう。「多人数が参加可能で、参加者がアバターを操作して自由に行動でき、他の参加者と交流できるインターネット上に構築される仮想の3次元空間」と定義できる。利用者はパソコンやスマートフォン、VRデバイスなどから仮想空間にアクセスし、自分の分身としてのアバターで会話や交流を行ったり、ゲームをプレイしたり、さらには街や建物を散策、会議やイベントに参加したりする。

 こうした仮想空間サービスの先駆けは、2003年に米国で開始された「セカンドライフ」だろう。スマートフォンもないパソコンの時代から、3DCGで作られた仮想世界に数多くのバーチャル体験やコミュニティーが存在し、大手企業や教育機関はイベントや遠隔会議のために、セカンドライフ内にソーシャルスペースを提供してきた。なお、セカンドライフはメタバースサービスとして今も健在だ。

 なお、コロナ禍において世界中で人気を博した、「Minecraft(マインクラフト)」(2011年リリース)、「FORTNITE(フォートナイト)」(2017年リリース)、「あつまれどうぶつの森」(2020年リリース)などのゲームも、メタバースの1つとして語られる。

仮想世界にアバターで参加し生活も。米フェイスブックが「メタ」になる?…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市在住。独学で始めたDTPがきっかけでIT関連の執筆を始める。書籍は「Windows手取り足取りトラブル解決」「自分流ブログ入門」など数十冊。Web媒体はBiz Clip、日経XTECHなど。XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年以上にわたって長期連載された人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体は日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞など。現在は、日経PC21「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clip「IT時事ネタキーワード これが気になる!」「知って得する!話題のトレンドワード」を好評連載中。

【T】

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年5月29日(水)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

セキュリティ関連

セキュリティコンサルタントが解説! いま企業がとるべきサイバー攻撃対策とは

人気

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは